ニュース

世界一大きな絵2012 in Korea

2011年6月27日、大韓民国京畿道において「世界一大きな絵2012 in Korea」が開催されました。

○ 目的
韓国と北朝鮮との平和的な統一と世界平和を念願しながら、韓国一大きな絵(The Biggest painting in Korea)を描き,世界一大きな絵2012(The Biggest painting in the World)に参加します。

○ 計画
参加 : 京畿道教育を代表する京畿道教育庁本庁と, 第2庁, 25箇所の地域教育支援庁など合わせて27機関で、1m×5mの布5枚 (5m×5m)の絵を28枚描く。28枚の絵を縫い合わせ, 20m×35mの大きさで完成した後、 2日間展示します。展示された絵は28枚に解体し, 27箇所の機関別で3年間展示します。残ってる1枚の絵は、「世界一大きな絵2012 大使館版」として日本に送られます。

○日程
6月3日 : 「韓国一大きな絵を描く(The Biggest painting in Korea)」 TFチームを組織  委員長 : Kim Dongseon氏
6月7日 : 京畿道教育庁所属の地域教育支援庁の奨学士及び美術教師の代表会議(125人参加)
6月11日~12日 : TFチーム合宿(下絵を描く)
6月18日午前9時30分 : 28校で絵を描く(4,500人参加)
6月27日午前9時30分 :ワールドカップが開催されたサッカー室内競技場で絵の縫い合わせ 「韓国一大きな絵」 完成(300人参加)
6月27日~28日 : 絵の展示